皮膚の炎症の1つアトピーとは

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返していく、慢性的な病気です。かつては乳幼児特有の病気と言われてきましたが、今では大人のアトピー性皮膚炎も増えています。

 
  • アトピーの原因

    アトピーの原因は大きく分けると、「遺伝」「生活習慣による体質変化」「アレルギー」「ストレス」の4つに分けられます。しかし最近では、遺伝以外の3つの原因によるアトピー発症が多い傾向があります。日々の習慣が影響し、体を守る機能が低下しているためです。アレルギーが原因の発症は、主にカビ、卵、乳製品や大豆製品など「アレルゲン」を含むものが主。ストレスによる緊張感は、アトピーを悪化させたり、逆に症状を改善させたりする作用があります。

  • アトピーの症状

    アトピーの主な症状は、湿疹とそれに伴うかゆみです。湿疹は、赤くなるもの、ブツブツとおうとつができるもの、水気の滲むジュクジュクとしたもの、しこりのように固くなるものなどがあります。湿疹は、顔周りや脇、肘周り、脚の付け根、膝周りなど、関節周辺に現れやすい特徴が。また、かゆみから患部を掻いてしまうのはNG。皮膚が更に荒れかさぶたになるほか、繰り返し湿疹が起こる原因にもなるので注意しましょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?【要チェック!】

1分でできるカンタン診断で最適なアトピー対策を

腸内環境に作用する乳酸菌や、お肌にうるおいを与える保湿成分など、アトピーにいい成分と言ってもも、その働きはさまざまです。せっかく取り入れるのならば、あなた自身のアトピーのお悩みに寄り添った成分を選びたいもの。このセルフチェックで見極めてください。

今すぐチェック
脱ステロイド!薬に頼らないアトピー克服方法(イメージ)

脱ステロイド!薬に頼らないアトピー克服方法

インナーケアでアトピーを改善しよう!

病院で処方される治療薬は、かゆみや炎症を鎮めるためのもので、薬を飲んだからと言ってアトピーそのものが治るわけではありません。

最近では、できれば薬を使わず、体質を改善してアトピーを克服する方法が注目されています。腸内環境を整える、免疫力を高めるなどの成分を活用してアトピーに向き合う4人の体験談を紹介します。

ひどいアトピーのかゆみを抑える方法(イメージ)

ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

生活習慣の改善やサプリ・薬の活用までさまざまな方法があります

アトピーの最大の症状といえばかゆみ。

アトピーの人は、かゆい→ひっかく→炎症がひどくなる→かゆいという悪循環に陥りやすく、アトピーを根本から克服するためにはかゆみ対策が必要不可欠です。

できることから試していきましょう。

体の内からアトピーを改善する成分一覧(イメージ)

体の内からアトピーを改善する成分一覧

アトピーのつらい症状を救ってくれる成分を紹介!

最近は乳酸菌をはじめとした、アトピーを緩和する作用をもつ成分が続々と発表されています。

腸内環境を改善してくれる成分や、かゆみを抑える成分など、アトピーに効果がある成分を摂り入れて、体内ケアでアトピー体質を克服しましょう。

腸内環境改善腸内環境改善

  • l-92乳酸菌

    飲料水メーカーのカルピスが発見したヒト由来の乳酸菌。生きたまま腸に到達する。

  • クレモリス菌FC株

    カスピ海ヨーグルト特有のねばりを生み出す強力な乳酸菌。

  • KW乳酸菌

    炎症を起こすアレルゲンを作らせない、アレルギーのもとを断つ作用が特長。

  • ビフィズス菌LKM512

    高い生存率で腸まで届き、腸を元気にする。世界的に注目されているビフィズス菌。

  • LGG乳酸菌

    腸に長くとどまり善玉菌を増やす力を持つ。ほかの乳酸菌よりも胃酸などへの耐性が高い。

  • ビオチン

    水溶性ビタミンの一種。アトピー性皮膚炎の治療に使う国も。

かゆみを抑えるかゆみを抑える

  • 植物性ラクトバチルス乳酸菌注目成分

    かゆみ&炎症の改善効果はトップクラス!過酷な環境でも生息できる植物性乳酸菌。

  • ポリフェノール

    強力な抗炎症作用でかゆみのもととなるヒスタミンを減少。

  • ガンマ・リノレン酸

    医療の現場でも活躍する植物性脂肪酸。かゆみ改善効果は臨床試験でも立証済。

  • ビタミンC

    抗ストレス作用が高く、かゆみによるストレスを鎮めて良質な睡眠をサポート。

保湿効果保湿効果

  • セラミド

    皮膚の中にある細胞間の水分蒸発をとめる成分。バリア機能の強化に貢献。

  • プラセンタ

    ウマやブタなどの動物の胎盤から抽出した成分。荒れた肌の保湿に有効。

免疫バランス調整免疫バランス調整

  • ユーグレナ

    正体はあのミドリムシ。抗酸化成分「パラミロン」が免疫機能を強化。

  • 亜鉛

    新陳代謝の促進、免疫力アップに貢献し、アトピーの自然治癒力を高める。

免疫力の向上免疫力の向上

  • 酵素

    食べ物の分解、消化、吸収、燃焼、排泄を正常化し、免疫力を高める栄養素。

  • ルイボス

    活性酸素を抑制しアレルゲンに打ち勝つ免疫力を強化。荒れた肌の保護効果も。

  • ビタミンD

    免疫細胞のバランスを整える作用に優れている。炎症の軽減にも有効。

  • キャッツクロー

    WHOが認定薬用植物として認めた程、高い健康効果を持つ。免疫力の増進に貢献。

アトピーの症状に働きかけるおすすめサプリ

口コミで「これがイイ!」と評判のサプリを集めてみました

アトピーの体質にサプリメントを取り入れようと思っても、多くの方はどんなサプリを選べば良いか分からないはず。

そこで、アトピーの方のために開発されたサプリメントや、アトピーの方に支持されているサプリメントを徹底調査しました。信頼できる18の商品を厳選してご紹介します。

アトピーで悩む方にオススメするサプリメント18選

  • 乳酸菌
    アレルナイトプラス

    アレルナイトプラス

    夜間のかゆみに着目して、良質な睡眠をサポートする、アトピー肌の人のために作られたサプリ。口コミでも「よく眠れるようになった」という声が多く、満足度◎。

    More
  • 乳酸菌
    善玉菌のチカラ

    善玉菌のチカラ

    カスピ海ヨーグルトのねばり成分が免疫機能に働きかける。

    More
  • ビオチン
    元気セブン

    元気セブン

    30種類の栄養素を配合し、さまざまな角度から皮膚の健康をサポート。

    More
  • セラミド
    ミルコラ(Milcolla)

    ミルコラ

    高濃度コラーゲンなど有効成分がたっぷり配合された美容サプリメント。

    More
  • 乳酸菌
    米のしずく

    米のしずく

    米由来のLk-117乳酸菌がカサカサ肌を内側から保護します。

    More
  • 乳酸菌
    ノアレ

    ノアレ

    優れた抗アレルギー作用をもつといわれるKW乳酸菌を配合した健康サプリ。

    More
  • 亜鉛
    DHC亜鉛

    DHC亜鉛

    1日あたりわずか10円。アトピーの人に不足しがちな亜鉛を補えるサプリ。

    More
  • 乳酸菌
    アレルケア

    アレルケア

    販売数400万個を誇る人気商品。かゆみやムズムズを内側からケア。

    More
  • ヒアルロン酸・セラミド
    ヒアルモアPure

    ヒアルモアPure

    モンドセレクション金賞受賞。保湿成分たっぷりでカサカサ肌のケアに。

    More
  • プラセンタ
    フラコラプラセンタつぶ5000

    フラコラプラセンタつぶ5000

    良質なプラセンタを5000mg配合。アトピーで荒れた肌に美しさを与えます。

    More

アトピーの原因とは?

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返していく、慢性的な病気です。かつては乳幼児特有の病気と言われてきましたが、今では大人のアトピー性皮膚炎も増えています。

環境

ダニやハウスダスト、花粉、カビなどは、アレルギー反応を起こすアレルゲンを要因として、アトピーを引き起こすとされています。これらは生活環境に起因するものであるため改善が難しく、また動物の毛にもアレルゲンが含まれているため、ペットを飼っている方などは注意が必要です。

食事

ハウスダストなどの環境に比べ、食事のアレルギーによるアトピーは少ないとされています。しかし、体質によっては、普段摂取している意外な食べ物にアレルギー反応を起こしている可能性があり、アトピーの原因となっている可能性があります。

睡眠不足・ストレス・過労

規則正しい生活を送ることで、アトピーに改善がみられるといった例は少なくありません。中でも重要となるのが睡眠です。かゆみで眠れない・睡眠中に無意識にかきむしってしまう、というようにアトピーの悪化原因が睡眠にあるのです。

私たち人間は、運動をしなくても日常生活を送る上で汗をかいています。そのまま放置することで肌が不潔になったり、衣類に付着した汗によりかゆみが生じることも。アトピー悪化を招く原因のひとつとされています。

石鹸・シャンプー・リンス・化粧品・洗剤

アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能がさがっている状態といえます。そのため、石鹸・シャンプー・リンス・化粧品・洗剤といった身の回りの化学成分が刺激となり、アトピーを悪化させてしまうこともあります。

幼少期

消化器の機能が未熟である赤ちゃんや幼児期には、食べ物によるアトピーのアレルゲン反応が出やすいといわれています。そのため、アレルギー反応が起きる食事を調べておくことが重要。また、ハウスダストなどの影響も受けやすいとされているため、幼少期にいかにアトピーの原因を排除するかがカギとなるとされています。

アトピーの症状

大きく分けて、アトピーの症状は4段階に分けられると言われています。アトピー性皮膚炎とひとことに言っても、症状は人によってさまざま。自身がどの程度の症状なのかを把握して、それぞれに適したケア方法を試してみましょう。

軽度

アトピーが見られる面積に関係なく、炎症が軽度の場合を指します。その日の体調や環境の変化で症状が見られたり、放置することで自然と治ることも。ちょっとした生活習慣の改善を心がけることで、改善に向かうケースも少なくありません。

中等症

強い皮膚炎や赤みをともなう発疹、皮膚の硬化などが全身の10%未満に見られます。かゆみも強く見られ、睡眠中などにかきむしり悪化してしまうことも。見た目にもアトピーの症状が見てとれます。

重症

中等症と同様の炎症が、全身の10~30%に見られる状態。アトピーが広範囲に見られるため、精神的な影響も大きくなります。

最重症

強い炎症が、全身の30%以上を占めている状態を最重症としています。