アトピー改善【最新】マニュアル

Q&Aで徹底ガイド! アトピー改善【最新】マニュアル

アトピー改善のための最新アイテム教えます

副作用の本当のこと、教えて!ステロイドの副作用とは。ステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン剤)やプロトピック軟膏(免疫抑制剤)の副作用について解説します。
注目の救世主!?アトピーケアの最新アイテムとは。アトピーでお悩みの方に朗報!韓国から上陸した最新のケア製品を紹介します。
どうやって改善したの?症状が軽減した方の声。最新のケア製品を使ってアトピーの症状が緩和した方の口コミを集めました。

アトピーの原因から最新の改善法まで 疑問を完全解説

大人から小さな赤ちゃんまで、悩んでいる方が多いアトピー性皮膚炎。
そんなアトピーの辛い症状を和らげ、改善するためにはどのような方法が最も効果的なのでしょう。

上手に付き合う方法や改善のためのケアなど、Q&Aで簡単に解説していきます。
まずは基本をおさらいしていきましょう。

 

とにかく最新の改善方法が早く知りたい!という方はコチラ>>

そもそも、アトピー性皮膚炎の原因ってなに?

食べ物やハウスダストなどの刺激に過剰反応してしまう体質が原因

アトピー性皮膚炎は、食べ物やダニ、カビ、化学物質などの刺激で肌が過剰に反応してしまい、炎症やかゆみが起こってしまう疾患。同じ環境下にいても、発症する人としない人がいますので、その人の体質とも深く関係しています。
子どもの場合は比較的食べ物などが刺激となって症状が現れることが多く、大人のアトピーの場合はストレスなども関連していると言われています。

大人になってからアトピーが発症・再発することはあるの?

環境の変化やストレスで大人のアトピーも増えています

一昔前までは、アトピーは子供の病気だと認識されていました。子供の皮膚はバリア機能などが未発達で、刺激に対して過敏になってしまうことが原因なので、年齢が上がり皮膚や身体が発達すると症状が消えてしまうことが多かったのです。

しかし、最近では大人になってから新たに発症する方や、一時治まっていた症状が大人になって再発する人などが増えているそう。食生活の欧米化や不規則な生活、ストレス、環境ホルモンなど、現代の大人を取り巻く環境の変化がアトピーの症状を引き起こす原因となっているようです。

病院ではステロイド剤を処方されるけど、使い続けても大丈夫?

ステロイド外用薬はあくまで対症療法。副作用も心配です

アトピーの治療薬として有名なのは、ステロイド外用薬や服用薬。炎症を鎮める作用を持つ副腎皮質ホルモンと同様のものを人工的に作り出した薬で、炎症がひどい部分にだけ局所的に使うと、湿疹やかゆみを鎮めることができます。

しかし、ステロイド剤による治療は、あくまで症状を一時的に治めるためだけの対症療法。肌に対する刺激があると、何度でも炎症を繰り返してしまうので、根本的な治療とはなりません
さらに、ステロイドホルモンは皮膚が新しい細胞を作り出す作用を抑えてしまう働きがあり、塗り続けると皮膚が薄くなってしまうことがあります。

ほかにも、副腎の機能が低下してしまったり、さまざまな副作用が確認されています。ステロイド剤は、炎症を抑える効果は高いのですが、長く使い続けるには不安が多い薬でもあるのです。

ステロイドだけに頼らない最新のアトピー改善法とは?>>

ステロイドを使わずにスキンケアだけで改善できる?

体質改善を伴う方法なら、症状の緩和は可能です

スキンケアには、ステロイド剤のような劇的な抗炎症作用はありませんが、保湿などのケアをしっかり行うだけでも、かなり症状を緩和することができるそうです。
赤ちゃんを対象に行った調査では、全身に保湿ケアを行った赤ちゃんと、スキンケアを行わなかった赤ちゃんとではアトピーの症状の出方に差があったとか。保湿のほかにも、食事の改善や肌への刺激を排除する気配りなど、体質改善を目指して工夫を積み重ねれば、徐々に症状が出にくい体へと変えていくことができるのです。

アトピーの症状はどうしたらなくなるの?

まずは症状が出にくい体への体質改善から

ステロイド剤の塗布だけでは、アトピーを完全に治すことはできません。ゆっくりと時間をかけて、アトピーの症状を出にくくするための体質改善を行うことが完治への近道です。
まずは、毎日口にする食事や、肌に身に着けるもの、保湿するもの、化粧品、洗剤、寝具、環境など、あらゆるところから肌の刺激になる要素を取り除き、自分に合ったものを選んで生活することが大切。肌も心もストレスを感じずに快適に生活できる環境を整えることがアトピー完治への第一歩です。
そのうえで、効果があると思える改善法を試してみるのもいいでしょう。

 

 

アトピー改善の救世主と評判!注目の最新アイテムとは

アトピー性皮膚炎を改善するための、新たな切り札として注目されているのがビタミンCです。「なんだビタミンCか」「全然新しくないじゃない」…と思ってしまいますよね。

ところが最近では、このビタミンCを使った最新のケア製品を使用したアトピー対策が評判を呼んでいるそうです。何が違うのかを説明する前に、ビタミンCのアトピーへの働きをまとめてみましょう。

  • 皮膚細胞のコラーゲンを作り出す働きを助ける
  • 炎症を鎮める働きがある
  • 副腎の機能の正常な働きをサポートする

最新のケア製品は、これらの働きを持ったビタミンC従来の「酸化しやすい」という弱点をカバー新鮮で"ピュア"なビタミンCが12時間、肌の奥まで浸透するように開発された、小さい子どもにもOKのまったく新しいタイプのアイテムなのです。

最新のアトピー改善アイテムって何?詳細はこちらから

注目のケア製品を使用している方の声は?

上記で紹介した、新しいアトピーケア製品を試してみた方の体験談をまとめてみました。ぜひ参考になさってください。

20代・女性

ちょっとの刺激で肌がピリピリし、湿疹やかゆみがでてきてしまいます。メイクもあまりできなくて悩んでいたのですが、韓国のお土産でアトピーに効くらしいビタミンCのパウダーをもらい、使ってみることにしました。

普段使っている低刺激の化粧水に混ぜてみたら、何だかしっとり。今までの経験上、ビタミンCのコスメはピリピリするかなと思っていたら、これはあまりしみませんでした。

実は、使い始めて2週間くらいのときに、今までなかった湿疹が出てしまい、好転反応とは知らず、「やっぱり慣れない化粧品は使うもんじゃないなぁ…」なんて思っていたんですけど。いつの間にか肌の状態が回復して、使う前よりも良くなっていました。こんなに驚いたコスメは初めてです。(20代・女性)

20代・男性

アトピー性皮膚炎の症状は、今の会社に就職した頃から始まり、顔全体が赤く粉をふいた状態になったことも。営業職なのでかなり困っていました。顔の赤みにはビタミンCがいいらしいと言われて、パウダータイプの新商品を試してみることに。

薬ではないので急に症状が治ることはないだろう、と高をくくっていたら、2週間ほどで顔の粉ふきがなくなりました。驚いているうちに気になっていた赤みもドンドン引いて行って…。ビタミンCの肌改善効果は本当だったんだ、と実感しました。(20代・男性)

40代・女性

小学生の我が子は1歳前からずっとアトピー肌。いつもカサカサで赤ら顔が恥ずかしいらしく、本人も気にしていました。ステロイドをずっと使い続けるのはどうなんだろう…と疑問に思い始めたこともあって、アトピーに効くと言われるコスメや食べ物、サプリメントなどあらゆる方法を試しています。

このアイテムもそのひとつ。ビタミンCの粉を水に混ぜて使うのが少々面倒ですが、試しにお風呂上がりの息子の顔へ塗り続けていたら、徐々にカサつきや赤みがなくなってきました。現在では、ボディローションに混ぜて全身に使っています。(40代・女性)

上記のように、アトピー肌で悩む多くの方から好評を得ています。「新しい方法を試してみたい!」という方は、ぜひチェックしてみてください。 

こちらのページでも口コミ体験談を紹介しています