皮膚の炎症の1つアトピーとは

腕のアトピー~原因を知って適切な対策を~

腕のアトピーの特徴とは

アトピーは全身どこにでも発症するものですが、中でも特に、腕に発症するケースがよく見られます。他の部位のアトピーと同じで、腕のアトピーもまた掻いてしまうと悪化・重症化してしまうため、原因をきちんと知って適切な対策をとらなければなりません。腕にできるアトピーの原因や症状の特徴、対処法について解説します。

腕にできるアトピーの原因

部位に関わらずアトピーには共通した原因があります。遺伝や体質、ストレスなどです。または、花粉やハウスダスト、食べ物などのアレルゲン、さらに細菌もアトピーの原因となります。 これら様々なアトピーの原因のうち、特に腕のアトピーの原因として指摘されているのが、アレルゲンや細菌です

アレルゲンが体の中に侵入した場合、通常であれば、汗とともに外へと排出されることになります。ところがアトピー性皮膚炎の人は、アレルゲンを上手に外へと排出することができません。それをなんとか排出しよう働いている状態が、かゆみ、という症状です。 このかゆみを取り除こうと腕を掻いてしまうと肌が傷つきます。傷口は細菌の侵入経路ともなり、アトピーはさらに悪化する、という悪循環に陥ってしまします。特に黄色ブドウ球菌が繁殖すると、症状が慢性化することもあります。

どのような症状か

腕に起こるアトピーには、大きく分けて急性と慢性の2つのアトピーがあります。ともに見た目や自覚症状は変わらないのですが、急性は一過性の症状で、慢性は継続的な症状になります。 急性の場合は、症状が起きても、しばらくすればかゆみは消えますが、慢性の場合は、なかなかかゆみは消えません。かゆみが消えないからといって、つい腕を掻いてしまうと、かゆみはさらに増し、皮膚は固くなってしまいます。 また、急性の場合でも、かゆみを我慢できずに掻いてしまうと、指や爪の菌が皮膚の表面から侵入して症状が悪化します。やがて皮膚は盛り上がってしまい、慢性の状態へと発展します。

腕のアトピーは、かゆみだけが問題ではありません。夏場などは半袖の衣類を着ていることも多いことから、人によっては、アトピー湿疹の外観に悩む場合もあります。外観に精神的なストレスを感じると、症状はさらに悪化することもあります。

なぜ悪化してしまうのか

腕のアトピーは、他の部位と違って悪化しやすいのが特徴。肌の露出が多く、すぐに掻いてしまうからです。肌を掻いてしまうことでかゆみを引き起こす成分が分泌され、さらにかゆみがひどくなってしまい「かゆみの悪循環」が引き起こされます。爪に雑菌がついていると皮膚の炎症が広がり、アトピーの症状が悪化してしまう原因にも。特に就寝時やお風呂に入っているときなどは無意識に掻いてしまいます。中には、「朝起きたら腕が血だらけに…」という経験をした人もいるでしょう。こまめに皮膚の消毒を行い、ワセリンや軟こうなどで肌を保護することも有効です。長袖のシャツを着たりガーゼや包帯で覆ったりと、無意識に掻いてしまわない対策も必要となります。

対処法

もっとも大事な対処法は、腕を掻かない、といことです。掻かなければ腕のアトピーが悪化するリスクを減らすことができます。 しかしながら、実際にはそうもいきません。掻かないと意識しても、無意識で掻いてしまうことがほとんどでしょう。そこでステロイドが登場します。 ステロイドの使用には賛否がありますが、腕に限らずすべてのアトピーにおいて、まずは試すべき基本的な治療薬です。

ただし、ステロイドを使用する際には注意点が一つ。それは、腕をしっかり消毒してから患部に塗布する、ということです。 ステロイドは、皮膚の免疫力を弱めることで皮膚再生を促す薬です。そのため、消毒せずにステロイドを使ってしまうと、腕に残った細菌が死滅していない状態で皮膚が再生されてしまいます。そうなると、腕のアトピーは、一時的には快方に向かっても、やがて再発する恐れがあります。

ただ、ステロイドでもなかなか腕のアトピーが改善しない人、または何度も再発を繰り返してしまう人は、もともとのアトピー体質から治していくしかないかもしれません。 即効性はありませんが、体質改善をしていくうえでは、アトピー改善を意識したサプリメントを継続的に摂取することも有効でしょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法