アトピーの改善と対策・完全ガイドTOP » 皮膚の炎症の1つアトピーとは » アトピーの有症率は年齢とともに減少。発症率には遺伝が関係か

アトピーの有症率は年齢とともに減少。発症率には遺伝が関係か

皮膚の炎症の1つアトピーとは

アトピーの発症率と有病率はどれくらい?

アトピー性皮膚炎の患者数は近年増加傾向にあり、その大多数は乳幼児期に発症しますが、成人してから発症する場合もあります。

アトピーの有症率は乳幼児期がピーク

アトピー性皮膚炎を発症する年齡の大多数は乳幼児の頃で、小学生以降症状が収まっていく傾向にあります。
しかし、最近では大人になっても症状が収まらず、重症化するパターンや、大人になってから発症する人も増えているようです。
30年前と比べ、大人のアトピー有病率が5倍近く増加しているという調査結果が出ました。詳しい内容を見ていきましょう。

年齢別アトピー有症率(厚生労働省調査)

  • 4ヶ月  12.8%
  • 1歳6ヶ月 9.8%
  • 3歳   13.2%
  • 小学1年 11.8%
  • 小学6年 10.6%
  • 大学生  8.2%

1歳6ヶ月で減少した有症率が3歳で再び上昇しています。横浜市の保健所による調査の結果、4ヶ月の時にアトピーだった乳児の80%が、3歳の時にはアトピーでなかったそうです。

このことから、4ヶ月のアトピー発症機序と3歳での発症機序は異なる可能性があることがわかりました。

成人のアトピー性皮膚炎の有症率(厚生労働省調査)

  • 20代 10.2%
  • 30代 9.0%
  • 40代 4.1%
  • 50代 2.4%

20代が一番多く、40代を境に有症度が減少していきます。大人のアトピーも治療や年齢によって徐々に寛解していくようです。

アトピーの発症には遺伝も関係する可能性が高い

4ヶ月健診に来た赤ちゃんを対象とした調査の結果、両親のアトピー体質が子供に遺伝するリスクは、両親がどちらもアトピー体質がない場合を1とした時、父親のみにあり2.37、母親のみにあり3.95、そして両親ともにありの場合はオッズ比7.55でした。

非常に高い数値ですね。アトピー素因を持った両親から生まれたからといって、必ずアトピーを発症するわけではありませんが、高い発症リスクがあるのは確かです。

しかし、アトピー発症・悪化の原因は遺伝よりも、乳児の場合は卵や牛乳などの食物アレルギー、それ以降は環境による影響が大きいといわれています。

アトピーの発症・悪化を防ぐために

いまだはっきりとした原因が特定されてないアトピーは、誰もが発症する可能性のあるアレルギー疾患です。しかし生活習慣を見直すことでアトピーの発症・悪化を防ぐことは可能です。

魚と野菜中心の食事を心がけ、寝具など肌に触れるものはこまめ洗濯し、肌を清潔に保ち充分に保湿するなど、普段からできることをしていきましょう。特に赤ちゃんのアトピー予防として、保湿を意識することは大事です。

外出時や入浴後に保湿剤を塗り続けることは大変効果的ですよ。こういった小さなことから始めていきましょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
深い睡眠をとる方法