皮膚の炎症の1つアトピーとは

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのアトピーの判断は難しい

赤ちゃんにアトピーが発症するケースはよくあることです。ですが、生後1~2か月の赤ちゃんは湿疹が出ることが多く、1歳を過ぎれば自然と治るものもあります。アトピー以外にもさまざまな皮膚トラブルが多いので、湿疹が出たからアトピーだと決めつけるのは早いです。まずは、病院で診断をしてもらいましょう。

赤ちゃんにできるアトピーの原因

大人のアトピーと違い、赤ちゃんのアトピーは、外の世界で肌を強くするための、反応でもあります。また、母親からの影響も大きく関係しているのです。体内に溜まった毒素を赤ちゃんが吸収し、それを排出するために、アトピーの症状として表れている場合があります。ですので、一概に悪い反応という訳ではありません。こういった症状は、ある程度の時期をすぎると治まる場合が多いでしょう。

その他には、アレルギー反応が原因になっていることも。大人の何倍も薄い赤ちゃんの肌は、とってもデリケートで、さまざまな刺激に敏感に反応するのです。食事やハウスダスト、汗や入浴時の石鹸が刺激になるなど、色々なものが考えられます。改善するためには、何が原因か見極め、その原因を取り除いてあげる必要があるでしょう。

赤ちゃんのアトピー症状

赤ちゃんのアトピー症状は個人差があり、その症状はさまざま。多くは、顔や頭部に赤みの強い湿疹、強い痒みを伴うのが特徴です。特に耳は「耳切れ」といい、耳の付け根が炎症からただれがひどくなり、切れてしまう場合があります。その他にも、ひじの内側やヒザの裏側など、湿り気の多い所にも症状が現れやすいです。細かい皮膚が剥がれ落ちたり、湿り気のある湿疹から液体が出たりします。

炎症が良くなったり悪くなったりを繰り返す、湿疹の出る場所が変化するなど、季節や年齢により変わってくることも多いです。特に冬場は乾燥により、痒みも強くなるため悪化することがあります。注意して見てあげる必要があるでしょう。

赤ちゃんのアトピーの対処法

赤ちゃんのアトピーは自然に治るものもあるので、お母さんが神経質になりすぎないことが大切です。お母さんのストレスは子供にも伝染するもの。悲観的にならず、今できることから始めましょう。

  • 入浴を控え、治癒力をつける

    入浴は、炎症を起こしている肌には刺激になってしまうものです。必要な皮脂や、皮膚の抗菌物質まで洗い流してしまいます。また、保湿も必要最低限にしてあげましょう。赤ちゃんが持っている本来の力を大切に。

  • 掻くことを無理やり止めない

    実は、赤ちゃんのアトピーにはこの「掻く」という行為にもちゃんと意味があるのです。掻くことで、悪いものを出す作業を行っています。見ていて辛いですが、この行為が赤ちゃんの回復につながると思い見守ってあげてください。

また、食事も赤ちゃんの肌を作るのには大切な要素です。たっぷり愛情を込めて、栄養あるものを食べさせてあげてください。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法