皮膚の炎症の1つアトピーとは

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのアトピーの判断は難しい

赤ちゃんにアトピーが発症するケースはよくあることです。ですが、生後1~2か月の赤ちゃんは湿疹が出ることが多く、1歳を過ぎれば自然と治るものもあります。アトピー以外にもさまざまな皮膚トラブルが多いので、湿疹が出たからアトピーだと決めつけるのは早いです。まずは、病院で診断をしてもらいましょう。

赤ちゃんにできるアトピーの原因

大人のアトピーと違い、赤ちゃんのアトピーは、外の世界で肌を強くするための、反応でもあります。また、母親からの影響も大きく関係しているのです。体内に溜まった毒素を赤ちゃんが吸収し、それを排出するために、アトピーの症状として表れている場合があります。ですので、一概に悪い反応という訳ではありません。こういった症状は、ある程度の時期をすぎると治まる場合が多いでしょう。

その他には、アレルギー反応が原因になっていることも。大人の何倍も薄い赤ちゃんの肌は、とってもデリケートで、さまざまな刺激に敏感に反応するのです。食事やハウスダスト、汗や入浴時の石鹸が刺激になるなど、色々なものが考えられます。改善するためには、何が原因か見極め、その原因を取り除いてあげる必要があるでしょう。

赤ちゃんのアトピー症状

赤ちゃんのアトピー症状は個人差があり、その症状はさまざま。多くは、顔や頭部に赤みの強い湿疹、強い痒みを伴うのが特徴です。特に耳は「耳切れ」といい、耳の付け根が炎症からただれがひどくなり、切れてしまう場合があります。その他にも、ひじの内側やヒザの裏側など、湿り気の多い所にも症状が現れやすいです。細かい皮膚が剥がれ落ちたり、湿り気のある湿疹から液体が出たりします。

炎症が良くなったり悪くなったりを繰り返す、湿疹の出る場所が変化するなど、季節や年齢により変わってくることも多いです。特に冬場は乾燥により、痒みも強くなるため悪化することがあります。注意して見てあげる必要があるでしょう。

赤ちゃんのアトピーの対処法

赤ちゃんのアトピーは自然に治るものもあるので、お母さんが神経質になりすぎないことが大切です。お母さんのストレスは子供にも伝染するもの。悲観的にならず、今できることから始めましょう。

  • 入浴を控え、治癒力をつける

    入浴は、炎症を起こしている肌には刺激になってしまうものです。必要な皮脂や、皮膚の抗菌物質まで洗い流してしまいます。また、保湿も必要最低限にしてあげましょう。赤ちゃんが持っている本来の力を大切に。

  • 掻くことを無理やり止めない

    実は、赤ちゃんのアトピーにはこの「掻く」という行為にもちゃんと意味があるのです。掻くことで、悪いものを出す作業を行っています。見ていて辛いですが、この行為が赤ちゃんの回復につながると思い見守ってあげてください。

また、食事も赤ちゃんの肌を作るのには大切な要素です。たっぷり愛情を込めて、栄養あるものを食べさせてあげてください。

アトピーの赤ちゃんに摂らせてあげたい食事

赤ちゃんのアトピーの症状は、食事に気をつけることで改善できる場合があります。 離乳食を始めていない赤ちゃんの場合、母乳を与えるお母さんの食事を見直すことが重要です。普段の食事に摂り入れてほしいのは基本的に和食。ご飯にお味噌汁、漬物に主菜といった昔ながらの和食が好ましいでしょう。お味噌汁の具にはアレルギー症状を和らげる海藻類や、アレルギー体質を改善する効果のある玉ねぎがおすすめ。主菜には、アトピーの症状を抑える働きをもつDHAを含む青魚がおすすめです。

逆に控えてほしいのが、アトピーの炎症を悪化させてしまう動物性たんぱく質が含まれている牛や豚などの肉類。油の摂りすぎはアレルギー症状を起こしやすくなるので、から揚げや天ぷら、ポテトチップスなどの揚げ物類も、母乳を与えている間は控えましょう。

本来、離乳食は生後5~6ヵ月からスタートしますが、アトピーの赤ちゃんの場合は離乳食を始める時期を見定めなければなりません。アトピーでない子と同じ時期に始めてしまうと、免疫力が弱いために強いアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるからです。いつから始めたら良いかは、検診の際にお医者さんに相談してみてください。離乳食を始める際は、おもゆから始めてみるのも良いでしょう。おもゆはアレルギー反応を起こす可能性が低いので、離乳食の最初の一歩におすすめです。

アトピーの赤ちゃんの衣類ケアは?

一般的にアトピーに良いとされているのは、綿100%の衣類。綿は通気性や保湿性に優れており、肌触りが良いのでアトピーの肌に優しいのです。それ以外の素材でも、実際に触ってみて肌触りが気持ちよく感じられる素材であれば使ってみても良いでしょう。女の子の場合はお出かけでオシャレをさせたくなるかもしれませんが、襟や袖についた可愛い飾りやレースが刺激を与えてしまう恐れもあるので配慮が必要です。赤ちゃんに一番触れる回数が多いお母さんとお父さんの服でも反応することがあるので、できるだけ刺激となる素材を含まない服を着て接してください。他にもだっこ紐やよだれパッドなど、赤ちゃんに触れるものはすべて素材やデザインの確認をしてみることをおすすめします。

肌に優しいものを着せたからといって安心してはいけません。他にも気を付けなければいけないのは、衣類の洗濯のしかた。使用している洗剤や漂白剤、柔軟剤が刺激になっていることもあるのです。赤ちゃんの衣類は化学物質を含まない洗剤で洗濯し、洗剤が残らないようによくすすいでくださいね。

アトピーの赤ちゃんとの外出で気をつけたいこと

アトピーの赤ちゃんと外出する時は、紫外線で炎症を起こしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。紫外線が一番多い正午前後を避け、午前中の早い時間か、夕方に出かけるのがおすすめです。汗を拭くことで皮膚の症状を抑えられるので、外出の際はタオルを忘れないでくださいね。ベビーカーに乗せる時には、日よけカバーや日傘を使用して紫外線から守ってあげてください。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい