皮膚の炎症の1つアトピーとは

意外に多い「目の周り」のアトピー

目の周りのアトピーは失明の恐れも

全身性のアトピー性皮膚炎の中でも、特に目の周りの症状が重症化している人がいます。あるいは、身体の他の部位は異常がないのに、目の周りだけにアトピー性皮膚炎を発症する人もいます。皮膚科や眼科には、この症状の相談に来院する患者も少なくないようです。悪化すると視力低下にもつながる恐ろしい症状と言われています

目の周りにできるアトピーの原因

もともとのアトピー体質に加えて、目の周りが特に乾燥すること、目の周りに負担をかけること、目の周りにアレルゲンが付着することなどが原因で、目周りに特化したアトピー症状をきたすことがあります。 目の周りに限定したアトピーとは言っても、発症してしまう人は、多かれ少なかれもともとアトピー体質です。遺伝、食習慣、ストレスなどが原因です。

加えて、目の周りに何らかの負担がかかることによって、目周りに特化したアトピー性皮膚炎が生じることになります。たとえばパソコンからの生暖かい送風を長時間目に受けている場合や、不衛生な手で目の周りをこすったりすることなどです。 また、目の周りのかゆみが気になって掻いてしまうと、ますます症状が悪化してしまいます。かゆみに対する反射的な動作そのものが、目周りのアトピーを重症化させる原因になっているとも言えます。

どのような症状か

目の周りのかゆみ、赤み、まぶたの湿疹、目ヤニなどが主な症状です。これらの症状を総称して眼瞼炎と言います。目瞼炎が悪化すると、ヘルペスウイルスによるカポジ水痘様皮疹に発展するなど、合併症を引き起こすこともあります。 目瞼炎に次いで多く見られる症状が結膜炎です。重症化した結膜炎は「春季カタル」と呼ばれます。

次いで、白内障、角膜上皮障害、網膜剥離といった発症順位となります。 通常の白内障は高齢者に多く発症しますが、アトピー性白内障は若い人でも発症します。 また、かゆみに耐えられず激しく目をこすったり叩いたりすると、網膜剥離になる恐れもあります。目の周りにアトピー症状が起こした人のうち、約2.1%の人が網膜剥離を発症しています。十分に注意しなければなりません。

対処法

長期的にはアトピー体質の改善を測る対処を、短期的にはかゆみ・赤み等を緩和させる対症療法で対処します。 長期的には、保湿、バランスのとれた食習慣、規則正しい生活、ストレスの解消などがアトピー体質を改善へと向けていきます。短期的には、ステロイド軟膏の塗布や、患部の冷却などです。 なお、医師からも説明はありますが、ステロイド軟膏が目に入らないよう、くれぐれも注意して使用してください。目に入ると、最悪の場合、緑内障になる恐れがあるためです。

長期的な体質改善を目指すうえで試みたい方法の一つに、サプリメントの継続的な摂取があります。 サプリメントには即効性はありませんが、腸内環境の改善を促したり角質層の水分量を増やすなど、長期的にはアトピー体質の根本的な改善に寄与する効果が期待できます。 実績や評判などを参考にし、ご自身に合ったサプリメントを探してみるのも良いでしょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
深い睡眠をとる方法