皮膚の炎症の1つアトピーとは

花粉症の季節はアトピーの悪化にも注意

花粉症とアトピーの原因は同じもの

アトピーと花粉症はどちらもアレルゲンが原因で起こる症状のため、非常に密接な関わりがあります。アトピーの原因の1つは、アレルギー症状を引き起こすアレルゲンを体内に取り込んだことによるもの。花粉症は体内に入りこんだアレルゲンを排除しようとする反応によって発症します。そのため、どちらか一方の症状にかかるともう一方の症状にもかかりやすいのです。実際、アトピー性皮膚炎の人のうち約4割が花粉によるアレルギー性鼻炎を持っていると言われています。

 

花粉によってかゆみが起こるメカニズム

花粉が体内に入ってきたとき、身体は花粉というアレルゲンを受け入れるかを考えます。体内のリンパ球がアレルゲンを排除しようと判断した場合、対抗するための抗体となる「IgE抗体」を作り出すのです。新しく侵入してきた花粉とIgE抗体がくっつくことにより、鼻や目などの粘膜に存在する肥満細胞がヒスタミンなどの化学物質を放出します。このヒスタミンによって目や鼻のかゆみや鼻水、くしゃみといった症状が現れるのです。

アトピーと花粉症が併発して起こる症状とは

花粉は鼻づまりやくしゃみなどの一般的な花粉症の症状に加えて、アトピーによる湿疹やかゆみを招きます。特に鼻の下や目の周りの炎症が悪化する傾向があり、咳や花粉症皮膚炎を引き起こすことも。花粉症皮膚炎は1年のうち花粉の飛散種・飛散量が多い春先に起こりやすく、アレルギー反応でかゆくなった目をこすったり鼻を一日中かんだりと、肌への負担が大きくなることで引き起こされます。メイクはおろか、基礎化粧品すら痛くてつけられなくなるので、女性のお肌にとって花粉症皮膚炎は大敵。さらに、アトピーと花粉症が併発した結果、喘息を引き起こしてしまう場合もあります。アレルギーに対する免疫力が弱くなり、気管支が炎症を起こしてしまうのです。

アトピー・花粉症を発症させないための対策法

  • 日頃からできる対策

    花粉症が原因でアトピーを悪化させないようにするには、花粉症対策をしっかりおこなうことが大切です。外出時は花粉との接触をなるべく避けるためにマスクやメガネを着用し、洋服も花粉がつきにくいポリエステルなどの素材を選ぶのがベスト。お出かけ前にテレビや新聞などから花粉情報をチェックして、対策してから外出しましょう。帰宅時は服についた花粉やほこりを玄関前で払い落として、家の中に花粉を持ち込まないようにすることが肝心です。家に入ったらまず洗顔やうがいをして、室内に持ち込む花粉の量を減らしましょう。それでも室内に入ってくる花粉は、こまめに掃除をして対策してください。

  • 薬を用いた対策

    花粉症の薬を使うとアトピー症状が改善されることがあります。これは薬の中にステロイド剤が入っているためです。ステロイドは抗炎症作用と免疫抑制作用がありますが、アレルギー反応を抑えるだけでなく正常な免疫反応も抑えてしまうので、使用の際は注意しなければなりません。

  • 免疫力を高める対策

    アレルギーの多くは、免疫力の低下によって引き起こされます。免疫力を高めるためには、十分な睡眠をとる・バランスの良い食事をする・適度な運動をおこなう・ストレスをためないようにするなど、日ごろの生活を見直すことが大切です。免疫の要となる免疫細胞の7割が腸に集まっているため、免疫細胞を正常に機能させるためには1日30品目の食事を目指すと良いとされています。毎日30品目も用意できないという人は、サプリメントで必要な栄養素をバランス良く効率的に補うといいでしょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法