皮膚の炎症の1つアトピーとは

アトピーの遺伝

アトピーの原因の1つとして考えられている「遺伝」

アトピー性皮膚炎の原因は未だ解明されていませんが、その1つとして考えられているのが「遺伝」です。アトピーが子どもにも遺伝するのか、気になっているご両親は多いでしょう。アトピーは本当に遺伝するのか、妊娠中に気をつけるべきポイントや、子どもの発症を抑えるための対策について解説します。

アトピーは本当に遺伝するの?

両親のどちらとも、あるいはどちらかがアトピー体質を持っている場合、子どもに遺伝しやすいと言われています。両親のどちらかがアトピー体質の場合はおよそ30%、どちらともの場合はおよそ50%の確率で、子どもに遺伝する可能性があるそうです。また、およそ10%がアトピー素因を持っていると言われている日本人にとって、アトピーは身近な病気の1つだとだといえます。

しかし、たとえアトピー素因を持っていたとしても、必ず発症するわけではありません。アトピーの原因は「遺伝」だけではなく「環境」や「ライフスタイル」も大きく関わっています。妊娠中や子どものライフスタイルを整え、アトピーを発症しにくい環境へと繋げることが大切です。

妊娠中に赤ちゃんのためにできること

現代では、大人になってからアトピーを発症する人も増えています。その原因として考えられるのが「食生活の変化」や「ストレス」です。食文化が和食から洋食へと変遷し、魚や野菜に替わって、肉や卵などといった動物性たんぱく質を多く摂るようになりました。栄養バランスが偏り、腸内環境が崩れることで毒素や代謝物を排泄する力が低下し、アトピーを発症しやすくなると言われています。また、ストレスによる体調の乱れも、アトピー発症を引き起こすと考えられている原因の1つです。

赤ちゃんは、母親の胎内で栄養をもらいながら成長しています。つまり、母親の健康は赤ちゃんの健康そのもの。排泄力が低下すると毒素や代謝物が胎内にまわり、アトピーを発症しやすい環境をつくってしまいます。そのため、妊娠中は和食中心の食生活を心がけ、腸内環境を整えましょう。また、ストレスをできるだけ溜めこまないように、好きなことをしたり、ゆっくりしたりと心と体を休める時間を持つのも大切です。

子どものアトピー発症を抑えるための方法

アトピー性皮膚炎の主な原因は「乾燥肌」だと言われています。肌にうるおいを与える「フィラグリン」という遺伝子が欠けていることで、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。それでは、肌にうるおいがなくなると、どういった問題が考えられるのでしょうか。

肌のうるおいは、アレルギーの原因となる物質の皮膚への侵入を防ぐ、バリア機能の役割を担っています。一方、乾燥しやすい肌質は、そのバリア機能が働かず、アトピーを発症しやすくなるというわけです。乾燥を防ぐための保湿や、アレルギーの原因となるダニの増殖を防ぐための、こまめな掃除が重要となります。

また、大人のアトピー同様、子どもにとってもストレスはNG。強いストレスは皮膚の水分量を低下させてしまいます。大人や子どもにとっても過ごしやすい、うるおいのある清潔な環境づくりを心がけましょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法