皮膚の炎症の1つアトピーとは

汗はアトピーの敵?味方?

汗とアトピーの関係

汗をかいた後はアトピーのかゆみが増す、という経験をお持ちの方も多いでしょう。炎症が悪化したというケースもよく聞きます。アトピーの方は、汗をかいたときにはどのように対処すれば良いのでしょうか?また、近年は、汗は決してアトピーの敵ではない、という説も有力です。その根拠はどのようなものでしょうか?アトピーと汗との関係について解説します。

なぜ汗をかかないほうが良いのか?

従来、アトピー肌の人はなるべく汗をかかないほうが良いとされてきました。その理由はたくさんありますが、中でもよく言われる理由は以下の2つになります。

  • 汗をかくと余計にかゆくなってしまう

    汗をかくと、もともとかゆかった肌が余計にかゆくなる、と言われています。汗をかく前提として「体温上昇」がありますが、かゆみは、体温が37度のときに最も強くなると言われています。

  • 汗が原因で炎症が悪化してしまう

    炎症を起こしている部分に汗が触れると、より炎症が悪化する、と言われています。汗に含まれる老廃物や菌などが、炎症部分に入り込んでしまうことが原因とされています。

以上の理由により、従来、または現在でもなお、アトピーの人の中には汗をかかないようにしている人も少なくありません。

汗によるかゆみ対策・肌のケア法

汗によってアトピー症状が悪化しないようにするためには、次の2つの方法で対処することが基本です。

  • 汗をかいたらすぐに拭く

    汗をかいたら、おしぼりなどですぐに拭く習慣をつけると良いでしょう。汗は、時に肌表面の黄色ブドウ球菌を異常増殖させる原因になります。黄色ブドウ球菌はアトピーのかゆみの最大の原因でもあるので、増殖する前に、濡れたおしぼりなどで肌を押さえるようにして拭くようにしましょう。

  • 汗をかいた服はすぐに着替える

    汗をかいた服は、可能な限り早めに着替えるようにしましょう。汗で濡れたままの服を着用していると、かゆみや炎症の原因となりうる汗を肌表面に長時間キープさせてしまうことになるからです。

ご注意いただきたいのは、エアコンで汗を乾かさないように、ということ。かゆみや炎症が悪化したり、または皮膚の落屑が起こったりすることがあるからです。

汗はアトピーの敵ではない?

近年、アトピーの人は汗をかくべき、という従来とは真逆の主張がよく見られます。むしろ、こちらのほうが主流になりつつあるのではないでしょうか。この主張の根拠は、主に2つあります。

  • 体温や皮膚温度を下げる

    汗をかく前提に「体温上昇」がありますが、実際に汗をかくと、やがて汗の水分が蒸発するときの気化熱の影響で体温や皮膚温度を下げることになります。

  • 肌がうるおう

    汗をかく際に、水分が角質層に補給されて肌にうるおいを与えます。うるおいはアトピー症状を改善させるための基本です。 また、肌がうることによって低下していたバリア機能が回復し、外部の刺激から肌を守ります。

汗は、一時的にはアトピーの症状を悪化させることもありますが、その一時をしのげば、逆に症状の緩和する可能性もあります。個人差はありますが、汗は、アトピーの敵ではないのかも知れません。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい