体の内からアトピーを改善する成分一覧

ビオチン

肌荒れを防ぎ皮膚の炎症を和らげる効果があるビオチンについて詳しく説明します。

腸内環境改善

美肌から便秘解消・アレルギー症状緩和まで効果はさまざま

水溶性ビタミンの一種で、ビタミンH・ビタミンB7とも呼ばれているビオチン。女優の奈美悦子さんが掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という病気を患った際、ビオチン療法で治したことで一躍有名になり、今ではさまざまなサプリメントや健康食品等に活用され、アトピー改善方法のひとつとしてもビオチンは注目されています。ビオチンは最近になって広まったようなイメージですが、その歴史は古く、1935年に発見されて以来、急性・慢性湿疹、腸内改善、便秘解消、アトピー性皮膚炎の改善などに広く使われてきました。ほかにも、ニキビや毛穴開きなどの肌荒れを改善する働きを持っていて、皮膚の炎症を和らげたりコラーゲンの生成を促したりと、美肌づくりにもうってつけ。免疫異常を改善し、アレルギーを起こりにくくする効果もあるのではないかと期待されています。

特徴

  • 皮膚の機能を正常に

    ビタミン類の一種で、ビタミンH、ビタミンB7と呼ばれています。血液を循環させる能力に優れているほか、皮膚の機能を正常に保つ働きもあり、不足すると肌に湿疹ができやすくなったり、爪が割れやすくなったりします。
  • 様々な美肌効果

    酵素の働きを助ける補酵素としての役割を持っていて、糖の代謝を促します。美肌効果も認められていて、コラーゲンの生成や、皮膚の再生力を高める効果があります。そのほか、期待できる効果として、アトピー性皮膚炎、花粉症、にきび、毛穴の開きなどが挙げられます。
  • ビオチンの欠乏には注意

    本来は腸の中で作られるビタミンなので健康な人ならビオチンが不足することはありません。ところが、アトピー性皮膚炎や花粉症など、腸内の免疫細胞のバランスが崩れている人はビオチンが欠乏した状態になっているため、積極的に摂取した方が良いと言われています。

アトピーへの働き

  • 体の中に起こっている代謝障害や免疫異常を正常に

ビオチンは健康な人なら本来は不足しないのですが、アトピー性皮膚炎の人は腸内の細菌のバランスが崩れているのでビオチンが不足した状態になっています。これは、腸内でビオチンが作られても大量に食べてしまう菌が住んでいて、その結果、ビオチン欠乏に陥るためです。そのため、ビオチンを積極的に補うことで皮膚の炎症をおさえ、正常な状態にコントロールしていく必要があります。ビオチンは食品からだと効率良く摂取するのが難しいので、サプリメントを活用した方が確実だと言えます。

掌蹠膿疱症性骨関節炎や乾癬、アトピー性皮膚炎がビオチンの大量投与によって改善が見られる例があり、ビオチンの免疫機能やアミノ酸代謝への関与が考えられている。
「日本人の食事摂取基準(栄養所要量)の策定に関する基礎的研究」http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-18.I-08.pdf

ビオチンをおすすめできない方

ビオチンは過剰摂取しても、余分なものは尿などで排出されるので心配ありません。ただし、胎児への影響が報告されているので、妊娠中の方は過剰摂取を避けるようにしましょう。

ビオチンが含まれている食べ物

卵 大豆

卵やレバー、ナッツ類、大豆などの食品に含まれています。水に溶けやすく熱に弱いので、調理法によっては失われてしまいますが、多くの食品に含まれているのでバランスの良い食事を心掛けていれば不足することはないと言われています。ただし、腸内環境が悪い場合は摂取しても体に吸収されないこともあり得るため、腸内の免疫システムのバランスが崩れ、アレルギー症状が出ている人はやや過剰に摂取する必要があります。食品だけではなく、サプリメントから摂るようにした方が確実かもしれませんね。

また、ビオチンの効果を高めるためにはマンガンを一緒に摂るのがおすすめ。モロヘイヤ、パイン、パセリ、玉露などに多く含まれているので、うまく取り入れてみてくださいね。

ビオチン配合のサプリメント

  • NOW社 ビオチン

    NOW社 ビオチン(1,330円/約60~120日分)

    1粒で5000mgのビオチンを摂取できる高濃度サプリメント。海外のサプリですがビオチンファンには根強い人気です。

  • オルトネイリストサプリ ビオチン90粒

    オルトネイリストサプリ ビオチン90粒(3,500円/約30日分)

    1日の目安量の10倍、さらに12種類の栄養成分を高配合したサプリ。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法