体の内からアトピーを改善する成分一覧

酵素

生命活動のサポートに欠かせない成分である酵素の特徴やアトピーへの作用について解説しています。

免疫力の向上

人が生きる上でなくてはならない酵素

酵素はタンパク質の一種であらゆる生命体に含まれています。消化、吸収、代謝、排泄などの体の働きが正常に働いているのは酵素があるからであって、毎日、健康な生活を送るためにはなくてはならないものです。そのほか、骨の生成をサポートしたり、肝臓や腎臓の働きを助けたり、呼吸器系やホルモンの分泌などの重要な役割を果たしています。さらに人間にとって必要な五大栄養素と言われる炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルも酵素の働きによって体の中で機能するように変化するからこそ健康を保っていられるのです。

このように、素晴らしい力を持つ酵素ですが、熱に弱く分解されてしまうため、加熱した食べ物には酵素はほとんど含まれません。そのため、摂取する際には工夫が必要です。

特徴

  • 生きる上で欠かせない成分

    人間が生きていく上で、絶対になくてはならない物質。食べ物の分解、消化、吸収、燃焼、排泄はすべて酵素の力によって正常に働きます。酵素がなければ食べた物を活かすことができないどころか、息もできず、心臓を動かすこともできません。酵素は、大きく「消化酵素」と「代謝酵素」と「食物酵素」の3つに分かれています。どれも、生きるためにはなくてはならない存在でそのバランスが大切です。
  • 未知の働きがある可能性も

    酵素はタンパク質でできているため、熱に弱く加熱調理したものからは酵素は摂れません。そのため、酵素を摂るためには新鮮な生野菜や果物、味噌、納豆などの発酵食品を摂ると良いと言われていますが、酵素を外部から補ってもあまり効果がないという説もあります。酵素はまだまだ研究段階のため新たな見解が出てくると思いますが、いずれにしてもバランスの良い食事を摂ることが大切だと言えます。

アトピーに対し期待される効果

  • 腸内環境の乱れを整える効果に期待ができます

アトピー性皮膚炎は免疫システムの乱れによって起こると言われています。免疫システムを司るのは腸なので、腸の働きを活性化させる物質を摂る必要があります。そこで活躍するとされているのが酵素です。酵素は、即効性はないものの根本の原因となる腸内環境の乱れを整え、アレルギー体質を根本から改善していく力をもっているといわれています。

アトピー性皮膚炎の人はステロイド等の薬を塗る方も多いと思いますが、これらはかゆみや炎症への対症療法に過ぎません。アトピーを繰り返す体質を変えるためにも酵素をうまく取り入れることもひとつの手です。

酵素をおすすめできない方

酵素は普段の食事から十分な量を摂取するのが難しいので、サプリメントで摂取するのが現実的です。サプリメントとなると気になるのが副作用ですが、酵素はあらゆる生命体に存在して、消化、吸収、代謝、排泄の生命活動を担っている成分なので、副作用の心配はほぼありません。ただし、サプリメントの製品によっては複数の成分をブレンドしているため、成分と体質が合わない場合はアレルギー反応を起こす場合があります。サプリメントを活用する際は原材料名の表示をしっかり確認しましょう。

酵素が含まれている食べ物

アボカド パイナップル

酵素を多く含む食べ物は、キウイ、パイナップル、バナナ、大根、メロン、アボカド、りんご、にんじん、小松菜、柑橘類、ヨーグルト、豆乳など。おもに青果類に多く含まれていて、どれもなじみのある食材ばかり。こう見ると、普段の食事で補えるように思えますが、酵素の摂取目標は1日あたり300gと意外と多く、しかも熱に弱いため加熱すると酵素の働きがゼロに近づいてしまうというデメリットもあります。したがって、普段の食生活では意識して非加熱調理のものを摂取しない限り、酵素を摂ることができません。酵素を十分に摂るのなら、サプリメントや酵素ドリンクを活用するのが良いでしょう。

酵素配合のサプリメント

  • 新谷酵素

    新谷酵素
    (1,533円/約15日分)

    医学博士が研究して酵素の有効性を証明して作られたサプリメント。累計発行部数が200万部を突破した「病気にならない生き方」の著者である新谷弘実さんが手掛けた話題の商品です。

  • 生酵素OM-X

    生酵素OM-X
    (9,150円/約30日分)

    すべて国産の原材料を使った65種類の生酵素サプリ。発酵技術も日本特有の手法を活かした話題のサプリで、累計販売個数は500万個、アメリカのベストオブサプリメントの乳酸菌部門では5年連続1位を獲得しています。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい