体の内からアトピーを改善する成分一覧

KW乳酸菌

アレルギー症状を緩和する効果を有するKW乳酸菌について解説していきます。

腸内環境改善

アレルギーのもとを絶つ働きを持つKW乳酸菌

KW乳酸菌は、小岩井乳業が保有する乳酸菌の中から、飲料水メーカーとしておなじみのキリングループが発見したという、2社の共同研究によって見つけられた乳酸菌。正式名称はKW3110株と言います。人工的にアレルギー症状を起こさせマウスの細胞を使って100種類以上の乳酸菌テストを行い、このKW乳酸菌が発見されたそうです。研究結果では、スギ花粉によるくしゃみ軽減や、アレルギー症状を引き起こす原因と言われる免疫細胞、Th1とTh2の細胞のバランスを整える効果が確認されました。

一般的な乳酸菌というとお腹の調子を整える効果が高いですが、KW乳酸菌はアレルギー症状を緩和する効果に優れていると言われています。アレルギーを抑えるメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、今期待されている乳酸菌のひとつです。

特徴

  • 花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和効果

    強い酸に絶えられるので胃酸や腸液に負けて死ぬことなく、生きたまま腸に到達できます。アレルギーと深い関わりをもつ腸内環境をダイレクトに整えるので、花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和効果が期待できます。
  • マウスでの実験でも効果を実証

    KW乳酸菌を使ってアレルギー症状を持つマウスを相手に実験したところ、KW乳酸菌を摂取しなかったマウスは耳をかきむしってしまい耳が傷ついていたのに対し、KW乳酸菌を摂取したマウスは耳の状態が整っていたという結果が報告されています。
  • アレルギー改善以外にも効果あり

    アレルギー症状の改善効果だけでなく、便秘予防・解消、免疫力強化などの効果も期待できます。

アトピーへの働き

  • 免疫細胞のバランスを整えアトピーの症状を緩和

免疫細胞のなかでも重要な働きを担う、「Th1」と「Th2」の2つの細胞のバランスを保ち、Th2側に傾いた時に免疫バランスを修正することでアトピーの症状を緩和します。シソやトマト、甜茶などもアレルギー症状の緩和に効果がある食品として知られていますが、花や目などの粘膜で症状が落ち着くだけで、炎症を起こす物質自体は作られたままになっています。一方、KW乳酸菌は、炎症を起こす物質自体を体に作らせないように働きかけるため、早い段階でアレルギー症状が落ち着かせることができると言われています。

乳酸菌KW3110株を、アレルギーを誘導したマウスに毎日1mg与えた。乳酸菌KW3110株を摂取した群は、乳酸菌を与えない群よりも、アレルギー反応の原因であるIgE抗体の量が低くなることが分かった。(一部推敲)
「抗アレルギー効果のある乳酸菌 Lactobacillus paracasei KW3110株の選抜」日本農芸化学会http://www.fbi-award.jp/sentan/jusyou/2004/tokubetsu_kirin.pdf

KW乳酸菌をおすすめできない方

KW乳酸菌はおもにヨーグルトなどの乳製品に含まれているので、乳製品アレルギーの方はサプリメントを活用して摂取するのが良いでしょう。サプリメントを摂取する際は、医師に相談してから服用した方が安心ですね。

KW乳酸菌が含まれている食べ物

ヨーグルト 牛乳

おもに含まれているのはヨーグルトや乳飲料です。サプリメントもあるので、ヨーグルトを毎日食べるのが難しかったり、飽きてしまったりした場合はサプリメントを活用しましょう。

KW乳酸菌配合のサプリメント

  • ヤクルト ノアレ

    ヤクルト ノアレ(2,000円/約30日分)

    KW乳酸菌を配合したサプリメント。ほかの乳酸菌配合サプリに比べてリーズナブルな価格なので財布の負担なく続けられます。アレルギーの特定原材料5品目、および表示を奨励する特定原材料19品目を含まないので、アレルギーのある方でも安心です。1日1カプセルという手軽さも◎。

    公式サイトはコチラ≫

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法