体の内からアトピーを改善する成分一覧

MSM

肌や関節のコラーゲン生成を助ける成分MSMってどんなもの?

腸内環境改善

体内のたんぱく質やコラーゲンの生成を助けて肌を強くする

「MSM」とは、「メチルサルフォニルメタン」の略であり、自然界のさまざまな物質に含まれている有機硫黄成分のひとつです。

もともと人間の体内にも多く存在しているミネラルで、たんぱく質の働きを助けてコラーゲンの生成を促し、髪、爪、皮膚、軟骨を作るサポートをしています。

MSMは、最近になって健康食品やサプリの成分として注目され始めた栄養素であり、まだまだ研究途中ではありますが、炎症を抑えて肌や髪を強くし、アレルギー症状や関節炎を緩和する効果などが認められています。

特徴

  • コラーゲンの生成を助けて髪や肌を強くする

    MSMは、もともと体内に存在する、たんぱく質の素となるアミノ酸の構成要素である硫黄のひとつなので、これが不足すると髪の毛や肌が弱くなってしまうことが考えられます。しっかり摂取すれば、髪や肌を丈夫に美しく維持してくれます。
  • 炎症やアレルギー症状を緩和する

    いまだ研究途中で、はっきりしたことはわかっていませんが、関節や肌の炎症を抑制する働きがあり、アレルギーの症状にも効果的だと言われています。新陳代謝にも関わっているので、体全体の健康を保つ働きもあります。
  • 軟骨部分の細胞を活性化させて関節痛をやわらげる

    MSMをサプリなどで摂取すると、関節炎や腰痛、ひざ痛などの症状が緩和することも認められていて、不足していると骨や軟骨が弱くなって炎症を起こしたりといったトラブルが起きやすくなります。

アトピーへの働き

  • 肌を強くする効果

MSMは、コラーゲン生成を助ける働きのあることから、肌を強くして炎症を抑制する効果もあります。アトピーの人は肌自体が弱くて、ちょっとした刺激にも負けて炎症を起こしやすいので、MSMを摂取して肌を強くすれば、バリア機能を高めてかゆみや炎症を防いでくれる効果が期待できます。

  • アレルギー症状を緩和

MSMはまだ研究途中であり、解明されていない部分も多いのですが、臨床試験などでは、花粉症などのアレルギー症状が緩和されたという報告もあります。肌のバリア機能などに作用するだけでなく、アレルギー症状そのものに効果があるならば、アトピーの原因も根本から解決に導いてくれる可能性があります。

MSMをおすすめできない方

MSMはもともと人間の体内にある成分なので、サプリメントなどで摂取しても副作用が起きにくいと言われています。

それでも、ほかの薬と併用したり、妊娠中や授乳中の方が摂取することでどのような作用があるか解明されていないこともあるので、注意が必要です。

また、食物アレルギーのある人は、サプリの原料にアレルゲンとなるものが入っていないかしっかり確認しましょう。海外製のサプリは成分などに特に気を付けてください。

MSMが含まれた食べ物

MSMは自然界の多くの物質に含まれており、穀物や野菜、牛乳、豆類、肉類や魚類などの動物性たんぱくなどから摂取することも可能です。また、コーヒーやお茶などにも含まれることがわかっており、ふだんの生活から知らずに摂取していることも多いでしょう。しかし、熱に弱くて食物から大量に摂取することが難しいという面もあります。

MSM配合のサプリメント

  • Hisamatsu MSM

    Hisamitsu MSM(5,000円/約30日分)

    高品質のMSMにグルコサミン(カニ由来)を配合してあるサプリで、関節炎の緩和にも役立ちます。1日当たりのMSM摂取量1800mg配合。

  • Doctor's Best OptiMSM配合MSMパウダー

    Doctor's Best OptiMSM配合MSMパウダー(1,924円/250g)

    高度に精製されたMSMパウダーで、飲み物などに混ぜて飲むタイプです。錠剤やカプセルが苦手な人でも毎日続けやすくなっています。1日当たりのMSM摂取量は、3gで3000mg。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい