アトピーのかゆみを緩和し良質な睡眠へ

アトピーと不眠・不眠症

そもそも不眠・不眠症とは?

不眠というと「眠りにつけない症状」を指すと、多くの方は考えるのではないでしょうか。

実際に不眠状態とは、夜に眠りに入るまでに時間がかかることを言います。

しかし不眠の症状はそれだけではなく「すぐに目がさめてしまうなどの睡眠を維持できない状態」または「眠りが浅く、質の高い睡眠が取れていない状態のこと」を指すのです。

俗に、これらの症状は「不眠症」と呼ばれ、日本人でも5人に1人が悩みを抱え、特に女性に多いといわれています。

不眠症のタイプ

不眠症とひとえに言っても、眠れない・すぐ目が覚めるなど、症状はさまざま。大きく、以下のような4つのタイプに分けられます。 複数のタイプが同時に現れるケースも少なくはありません。

  • 入眠困難…ベッドに入ってから30分~1時間以上、眠れない。
  • 中途覚醒…朝起きるまでの間に何度も目が覚める。
  • 早朝覚醒…予定していた起床時間の2時間以上前に目が覚める。一度目を覚めると眠れない。
  • 熟眠障害…眠りが浅い。ベッドに入っている時間は長いのに、熟睡した気がしない。

以上のように、単純に眠りにつきづらいだけが不眠ではなく、眠れているようで眠れていないといった状態も不眠症と呼ぶのです。

不眠症の原因は?

では、なぜ不眠症は起こってしまうのでしょうか。不眠症の原因にも、環境や心の状態、生活習慣、身体的な要因などさまざまなものが考えられます。

  • 環境…時差や寝具、室温・湿度、騒音、明るさなどの睡眠環境の影響。
  • 心…悩みごとや考え事を抱えている、興奮・悲しみ・怒りなどの感情的要因、極度の緊張によるストレス、寝る向きなどのこだわりなど。
  • 生活習慣…飲酒、喫煙、カフェインの摂取、服用薬の副作用、運動不足など。
  • 身体的要因…年齢、性別、持病や頻尿などの身体的症状、痛み、かゆみなど。

アトピーに悩む方の多くは、身体的要因の「かゆみ」が原因となり不眠症に陥りやすいと考えられます。中には「いくらかゆいとはいえ、眠ければ眠る」「私はアトピーでも眠れている方だ」と感じる方も多いと思います。

しかし、アトピーで不眠に陥る原因は、かゆみだけではないということを理解しておかなければなりません。

眠るときのかゆみは、環境の影響で起こっている可能性が高く、単純にかゆみのみが不眠症へ影響を与えているわけではありません。また、夜のかゆみ・眠るときのかゆみは、知らない間にあなたの心にストレスを与えている可能性も。眠りながらかくことで、痛みにつながったり、睡眠が浅かったりと、アトピーと不眠症には密接な関係性があることを理解しておきましょう。

アトピーと不眠の関係性

アトピーに悩む方の約8割もの方が、不眠であったり不眠症の悩みを同時に抱えていると言われています。多くの原因が、前述のように「かゆみ」によるものです。

経験のある方も多いと思いますが、アトピーのかゆみは夜に強くなることが多くありませんか?

これは、布団に生息するダニであったり、布団についたほこりからくる、アレルギーの反応の可能性が大きいです。

また、アトピーは治療薬や症状のストレスから、自律神経も乱れがちに。睡眠や覚せい作用をつかさどる自律神経が乱れることで、不眠状態に大いに悪影響を及ぼします。

不眠はアトピーも悪化させる

このようにかゆみ以外にも、環境要因やストレスといった心身的要因なども重なることで、夜のかゆみは増幅されます。

また、かゆみが増幅されることにより、例え寝付けたとしても「眠りながらかいてしまっていた」「かゆみで起きてしまう」などが引き起こされ、睡眠の質は低下。

やがて不眠の状態が続き免疫力が低下し、アトピー悪化の決定的な要因となってしまうのです。アトピーの悪化は不眠の影響によるものともいえるのです。

アトピーのかゆみが不眠の悪循環をもたらす

寝る前にアトピーのかゆみがひどくなって、「かゆくて眠れない」「眠いのにかゆみで目が覚めてしまう」という人は多いです。自覚症状がなくても、眠っている間にかゆみが生じて眠りが浅くなっていることもあります。

そのため、しっかり寝ているはずなのに疲れが取れない、寝不足で昼間も眠くなるといった症状に陥りがち。原因がわからないけれど寝つきが悪い、よく眠れないという不眠症の人は、アトピーによるかゆみがさらなる不眠を引き起こしている可能性があります。

不眠により副腎皮質ホルモンの分泌が低下

不眠とかゆみは別々の問題のように捉えられがちですが、不眠が続くと睡眠時に分泌される副腎皮質ホルモンが減少してしまいます。

副腎皮質ホルモンは、アトピーの治療に使われる「ステロイド」と同じ作用を持つ物質。かゆみや炎症を抑える効果があるため、質の良い睡眠をしっかり取り、副腎皮質ホルモンの分泌を促すことがアトピーのかゆみ軽減につながります。

深い睡眠の後に訪れる、浅い眠りのレム睡眠時に副腎皮質ホルモンは多く分泌されます。かゆみで目が覚めたり、なかなか寝付けないといった不眠状態は、副腎皮質ホルモンが十分に分泌されなくなるため、アトピーの症状がひどくなってしまうのです。

アトピーによる不眠を改善するには睡眠のリズムを整えることが重要

このように、アトピーと不眠は相互的な影響を与え続けており、どちらかが発端となってかゆみと不眠の負のスパイラルが訪れるのです。

しかし、このどちらかを改善することができれば、この負の連鎖から抜け出すことができ、アトピーと不眠の両方を解消することにもつながるのです。

アトピーは体質的な面もありすぐに治るものではありませんので、まずは睡眠のリズムを整えることから始めてみてください。

理想的な睡眠は、眠りはじめに深い睡眠のノンレム睡眠から入り、浅い眠りのレム睡眠の時に目覚めるというリズムです。

アトピーで眠れない理由をもっと詳しく見る

アトピーによる不眠を改善する5つの方法

かゆい→眠れない→免疫力の低下→かゆい→眠れない…を繰り返していては、アトピー改善のきっかけが生まれません。

アトピーの不眠状態を改善するためには、以下の5つの方法をいまいちど理解しておきましょう。

処方薬を服用する

眠くなる、といった副作用などから、どうしても使用をためらう方も多い処方薬。確かに長期にわたり使用したり、薬に依存してしまう生活は避けるべきだと言えるでしょう。

しかし、適切に使用すればアトピーの不眠を改善するきっかけになるメリットの方が多いのも事実です。今すぐにかゆみを何とかしたいという場合には、副作用をしっかりと理解して服用するようにしましょう。

  • 抗ヒスタミン…
    かゆみの原因であるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬。かゆみを抑えるだけでなく、副作用として強い眠気に襲われる可能性があります。その副作用を逆手にとり、寝る2時間前くらいに飲んでおけば自然に眠りにつきやすくなります。ただし、起きれなくなるといった症例も数多く報告されているため、注意が必要です。
  • ステロイド…
    眠る直前に襲われる我慢のできないほどの強いかゆみには、幹部に塗布することで炎症やかゆみを抑えるステロイドが効果的です。ただし、ステロイドは体内のホルモンにまで作用し、不眠の症状を悪化させてしまう恐れがあるため、使用頻度には注意してください。

不眠自体を対策する

不眠はアトピーの症状を持つ方以外にも、誰にでも起こる症状です。多くの方が不眠に対しての解決策を実践し、眠れる環境づくりをおこなっています。

ほとんどの方法はアトピー改善自体へのアプローチというわけではありませんが、眠りにつきやすい環境をつくるということは、眠りの質を高めて免疫力を高めるためには重要なことです。

かゆみへの対策

不眠に陥ってしまう理由のひとつに、眠りにつこうとするとかゆみが悪化してしまうということがあります。

先ほども紹介したように、かゆみによって眠れない状態が続く場合、処方薬や市販薬を利用してみるのも、一時的なかゆみの緩和にはつながる可能性があります。

また、保湿剤により乾燥を防ぐ、寝具を清潔にする、包帯や手袋といったグッズを利用するなど、かゆみの起こらないような工夫・対策もアトピーの不眠改善においては取り入れるべきでしょう。

腸内環境を整える

不眠が免疫力の悪化を招き、かゆみを増幅させるというのは先ほども説明したとおりです。あまり知られていませんが、その免疫機能や免疫バランスは腸が担っているのです。

腸内環境を整えることで免疫バランスが改善されるというのは、ヨーグルトや乳酸菌でも有名な話。

かゆみなどによるストレス、不眠によるストレスは腸内環境を悪化させるため、まずはその改善から始めてみるのもひとつです。

生活習慣の改善・かゆみの根本原因を見直す

アトピーは、明確な治療方法が確立させられていません。

ただひとついえることは、不眠がアトピー改善の弊害となっていることは明らかです。

どれかの方法に固執するのではなく、生活習慣や生活環境を見直すことで、まずは眠れる状態をつくりだすことが、アトピー改善の第一歩となるのです。

とくに、生活習慣を改善するためには、食事や生活習慣を変えなければいけず、なかなかアトピーの根本原因と向き合えていない方が多いのが現実です。

アトピーの原因にアプローチをかけるのであれば、以下のような成分を積極的に摂取することがおすすめです。

  • 植物性ラクトバチルス乳酸菌
    植物性ラクトバチルス乳酸菌とは、生きたまま腸に届きやすい乳酸菌の一種。免疫細胞を活性化させる力が非常に高いとされています。腸内環境や免疫バランスを整えることによって、アトピーやアレルギーなどの症状を緩和させる効果に大きな期待が持てる成分です。
  • ラフマ葉抽出物…
    ハーブの一種であるラフマ葉から採取される抽出物は、脳内の神経伝達物質「セロトニン」を増やす効果があるといわれています。セロトニンはストレスを抑えるために必須となる物質であるため、かゆみを抑えるだけでなく、リラックスして眠りにつきやすい環境を作ることができます。
アトピーで眠れない人の睡眠対策を詳しく見る

関連記事

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい