ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

25転地療法でアトピーの
根本的な問題は解決できる?


転地療法はアトピーを改善させるために有効な療法の1つです。このページでは、転地療法がもたらすアトピーの改善効果や具体的な方法をまとめています。間違った認識のまま行うと後々アトピーを悪化させてしまう結果になってしまうので、正しい知識をいま身に着けておきましょう。

アトピーと転地療法の関係性について

転地療法とは、住み慣れた場所を離れ空気や水が綺麗なところで体を休める療法のことです。一時的に症状をおさえるのではなく、病気の原因が潜んでいる根本的な問題からの改善効果を期待できます。アトピー性皮膚炎はアレルギーだけが原因ではなく、生活環境の影響も大きく受ける病気の1つ。空気中の有害物質やストレス・疲れなどが体内にたまってしまうことで肌のバリア機能が下がり、炎症反応が起きやすくなり、その結果アトピーが発症する原因へと繋がってしまう可能性も考えられます。そこで、思い切って生活環境を変えてノンストレスな環境で過ごすことで、アトピーの原因物質を最低限に抑えられるのです。

転地療法でアトピーを改善する方法

  • 有害物質が少ない田舎へお引越し

    転地療法では空気中の有害物質だけではなく、体内に取り入れる物質にも注意が必要です。実際に転地療法を受けている人の例で挙げると、水道水にも有機物質が含まれているため無機質のウォーターサーバーを購入するなど、水1つから気を付けている人も多くいらっしゃいます。体内に有害物質が侵入すると、皮膚を刺激してしまうことでアトピーになる危険性も高まります。空気や水が綺麗な場所に移り住み、有害物質を避ける生活をおすすめします。 空気も水もきれいな場所での生活では、体へのストレスも減り、体内に溜まった有害物質を自然と排出することができるのです。

  • ストレスをため込まない

    アトピーは精神的なストレスで悪化すると言われています。時間に追われるような毎日からのんびりとした生活に変えてみることで、ストレスの軽減が図れます。ストレスを解消するベストな方法として、以下の2点が挙げられます。

    ・十分に睡眠をとって、週1日は休養の日を作る
    ・適度な運動を心がける

    就職や転勤などで環境が変わったりすると余裕が無くなり、ストレスをためがち。環境を入れ替えつつもノンストレスな生活を意識してみると良いかもしれません。

  • 薬を徐々に減らしていく

    転地療法の最終目的は、体内からアトピーを改善すること。とはいえ、アトピーの症状に困っている方の中には「いままで薬に頼ってきたから急にやめられない」という方も多いと思います。しかし、アトピーの症状がでたときに頻繁に使われるステロイド剤は、一時的な抑制効果があってもアトピーを完治させることはできません。空気や水がキレイなところでアレルギー物質を避けつつ、バランスの良い食事と運動で体質を改善していきましょう。生活環境と体質環境を整えることでアトピーの症状が和らぎ、自然と薬の使用も減っていきます。

アトピーのかゆみを抑えるのであれば質の高い睡眠を

かゆみを抑える方法は、実にさまざまなものがあります。

しかし「あらゆる方法を試しても、眠ろうとした途端にかゆみで寝付けない…」。そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

それはいまあなたが試している方法が、一時的なかゆみを抑えるものにすぎないからかもしれません。

かゆみを根本から改善するためには、かゆみで眠れなかったり、眠りながら無意識にかきむしってしまっているという「アトピー悪化の悪循環」を止める必要があります。

ここで紹介したかゆみを一時的に抑える方法は積極的に取り入れつつ、しっかりと質の高い睡眠を取り、免疫バランスを整える。

アトピー悪化の原因となる悪循環サイクルを断つことを、ぜひ同時に実践していき、効果的にアトピーを改善させましょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい