ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

5入浴でかゆみを緩和

入浴でかゆみを緩和(イメージ)

アトピーでかきむしった箇所は、お湯がしみて痛くなりますよね。荒れた肌がお湯にあたるとヒリヒリするので、お湯に浸かる瞬間が怖いという方も多いと思います。

そのため、シャワーを軽く浴びてすぐに出て、入浴直後にステロイドを塗るという方もいるのですが、心当たりはありませんか?

実は、アトピー肌は湯船に浸かって体を清潔にすることが重要なのです。あらゆるアトピー改善方法のひとつである、アトピーのかゆみを和らげるための入浴法をここではしっかり覚えておきましょう。

正しい入浴法でアトピーのかゆみを減らしましょう

実は、アトピーの治療でステロイド剤を使っている人ほど、入浴が大切。ステロイド剤の油分が残っていると、新しく塗った薬の効果が出にくいと言われているためです。

それを知らずにシャワーを浴びるだけを繰り返すと、ステロイドの効果が表れにくくなり、薬の量や回数が増えて薬も強いものに上がってしまうことも。これでは、改善からほど遠くなってしまいます。

「入浴をすると皮膚が乾燥するから」とお風呂に浸からない人がいますが、正しい入浴法を守ればアトピーの症状は改善されます。むしろ、アトピーケアに毎日の入浴は基本なのです。

ステロイド剤を使わない程度の軽いアトピーの人でも、皮膚を清潔に保つためには入浴が必須。肌に負担をかけない正しい入浴法を知り、アトピーの症状を改善させましょう。

肌に優しい理想の入浴方法

  • お湯の温度に注意する

    入浴する時に大切なのがお湯の温度です。春・秋・冬は40度、夏は38度くらいを目安にしましょう。温度を上げると皮脂を取り過ぎてしまい、かゆみを誘発してしまいます。少し熱いなと思ったら水で調整しましょう。
  • 入浴時間は10分前後が理想

    お湯に浸かる時間は10分前後が適しています。10分程度温まれば肌がやわらかくなり、汚れが落ちやすくなります。浮いた皮脂の汚れはシャワーで洗い流すだけでも大半は落ちるため、余分な石鹸やシャンプーを使わずに済みます。また、お湯に浸かるとリラックス効果も得られるため、自律神経が整ってアレルギー反応が抑えられるというメリットもあります。
  • 石鹸やシャンプーは洗浄成分が優しいものを

    体や頭皮を洗う石鹸やシャンプーは無添加、無香料を選ぶようにしましょう。石油系合成界面活性剤が入っているものは肌への刺激が強いので避けてください。高価なものでなくても、敏感肌用であればドラッグストア等で購入できるものでかまいません。
  • 洗い過ぎはNG

    体を洗う時は、手の平でよく泡立て、そのまま手で洗うようにしましょう。スポンジ等は刺激になりやすいので避けてください。決してゴシゴシこすらず、優しく泡をなでるように洗うのが理想です。洗い終わったら、泡が残らないようにしっかり洗い流しましょう。この時、湯船のお湯で体を流すのはNG。湯船に浮かんだ皮脂や汚れが体にふたたび着いてしまうので、シャワーを使って洗い流してください。
  • タオルは清潔でやわらかいものを

    体を拭くタオルですが、ナイロン製のタオルはNG。吸収性が高く、肌に優しい綿のタオルを使うようにしましょう。体に触れるものは、とにかく肌触りがよく刺激が少ないものを選ぶようにしてください。

アトピーに効果の高いおすすめ入浴剤

  • 「カモミールバスポプリ」(450円税別/3回分)

    ハーブティーとしても飲める高品質ハーブをそのまま入浴剤に。100%無添加だから敏感肌でも安心。「アトピーの炎症が落ち着いた」という口コミもあります。

  • 「華密恋(かみつれん)」(2,200円税抜/400ml)

    入浴剤1本に960本分のカモミールを凝縮。肌を清潔に保ち、荒れた肌を鎮める作用があり、赤ちゃんやアトピー体質の方も安心して使えます。

  • 「アトピーラボ にがり温泉」(1,782円税込/500g)

    瀬戸内海産の天然にがりを結晶にした入浴剤。自宅のお風呂で手軽にマグネシウムの効果が得られるのが特徴で、アトピーケアに使用する人が多数。

入浴は塩素を除去してから

アトピー肌に刺激を与えないように、塩素をなくしてから入浴しましょう。水道水に含まれる塩素の刺激は、入浴時に痛みやかゆみを引き起こす原因になります。有害物質を吸収する効果がある備長炭やセラミックボールを湯船に入れておくだけで塩素を取り除ことができます。お湯につかる前にひと手間加えるだけで、肌の痛みやかゆみを気にせず入浴できますよ。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
深い睡眠をとる方法