ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

15アトピーの人は化粧品選びは慎重に

アトピーの人は化粧品選びは慎重に(イメージ)

化粧品は肌に直接つけるものなので、アトピーの人は慎重に選ばなければなりません。選び方を間違えれば、アトピーの症状を急激に悪化・重症化させることもあります。逆に選び方が適切であれば、アトピーの症状を無期懲役にしてしまうこともできるでしょう。ここでは、ファンデーションや日焼け止めなどを選ぶ際に、特に意識しておきたいことを詳しく解説します。

化粧品とアトピーの関係

化粧品選びに間違うと、アトピーの症状を悪化させます。 問題は、それら化粧品に配合されている化学成分。脂分の多すぎる化粧品は肌を保護しますが、一方で毛穴をふさいでしまい黄色ブドウ球菌を繁殖させる恐れもあります。黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎の原因ともなる細菌なので、過度な脂分を含んだ化粧品の使用や、または脂分の洗い残しなどには注意が必要です。

また、洗顔などに使う石鹸にも注意。アトピーと相性の悪い化学成分が含まれていることもあれば、あるいは、化学成分には問題がないものの、洗浄力が強すぎて肌の乾燥を招くものもあります。 アトピーの化粧品選びにおいては、成分をよく見るとともに、洗浄力の強さについて注意しましょう。

アトピーの化粧品の選び方

アトピーの人が化粧品を選ぶときには、以下に注意しましょう。

  • 刺激の弱い化粧品を選ぶ

    油分にオレイン酸を配合しているなど、低刺激の石鹸を選びましょう。もっとも避けたいのが、合成界面活性剤を配合した洗浄剤。肌のバリア機能を破壊してしまって様々な化学成分が皮膚の中へと浸透してしまうため、アトピーが急激に悪化します。

  • 無香料の化粧品を選ぶ

    香料には様々な種類がありますが、概して、アレルギー反応を起こすものが多いと言われています。石鹸、化粧水、ファンデーション、日焼け止めなど、どんな化粧品を選ぶ際にも「無香料」のものを選びましょう。

  • 医薬部外品は極力避ける

    医薬部外品には、多くの場合、合成界面活性剤が含まれています。有効成分を肌に浸透させるために、肌のバリア機能を破壊しなければならないからです。しかしながら、医薬部外品の認定を受けた商品は、その配合成分をすべて表示しなくても良いことになっています。全成分の表示を義務付けられた化粧品に比べれば、医薬部外品は逆にリスクが高いと言えるでしょう。

  • 商品を実際に試してから本購入する

    トライアルセットなどを申し込んで、一度パッチテストをやってから本購入を検討しましょう。湿疹などが生じないかをチェックしてください。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
深い睡眠をとる方法