アトピーの改善と対策・完全ガイドTOP » ひどいアトピーのかゆみを抑える方法 » アトピーの天敵・ハウスダスト対策法を伝授
ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

24ハウスダストもアレルギー発症の要因に

ハウスダストで苦しむイメージ画像

アトピーの原因であるアレルギーを引き起こす、ハウスダスト。最近ではすきま風が入らないよう気密性の高い住居が増え、住みやすくなった一方、高温多湿になりやすく、ハウスダスト(ダニやカビなど)が発生しやすいデメリットもあるようです。そのため、ハウスダストが原因でアトピーの症状が出たり、悪化したりするケースも増えています。アトピーの悪化を未然に防ぐためにも、ハウスダストとアトピーの関係性について理解を深めていきましょう。

ハウスダストとアトピーの関係

アトピーになる原因の一つ、アレルギー。そのアレルギーの中でも症状を悪化させてしまうのが「ハウスダスト」です。

ハウスダストとは、室内に溜まるほこり・ペットの毛・ダニ・カビ・花粉・細菌などの総称で、アレルギーの原因である「アレルゲン物質」が含まれています。空気中に舞い上がりやすく、口や皮膚から体内に侵入することでアレルギー症状を引き起こす可能性があるのです。特にアトピーの人は皮膚のバリア機能が弱いため、ハウスダストが原因でアレルギーを発症させてしまい、かゆみの症状が悪化してしまうことも。また、かゆみから無意識に皮膚をかきむしってしまい、そこから細菌が侵入してさらに症状がひどくなる恐れもあります。ハウスダストによるアレルギー反応を出さないようにするためには、住む環境を整えることが大切です。

ハウスダストをやっつける掃除の3つのコツ

アレルギーを発症させないためには、定期的な部屋の掃除が必須!ここでは、ハウスダストを効率よく除去する3つのコツをご紹介します。

  • 1. 掃除機からかけるのではなく、まずは水拭きから!

    床の掃除をするときは、水拭きから行うのがポイントです。掃除機から先にかけてしまうと、掃除機の風圧でハウスダストが舞ってしまい逆効果に。そのため、まずはぞうきんやモップで水拭きを行い、次に掃除機をかける方がハウスダストを除去するのに効果的です。

  • 2. こまめに部屋を換気し、通気を良くする

    高温多湿な場所を好むダニやカビの発生を簡単に防ぐ方法は、こまめに部屋を換気して、全体の通気性を良くすること。大きい窓1ヶ所を開けるよりも、対角線上にある窓2ヶ所を開けた方がより通気が良くなります。その際に、閉め切っている押入れやクローゼットなども開けて換気するようにしましょう。

  • 3. 定期的に布団を日干しするようにする

    布団は、ハウスダストの原因であるダニが最も発生しやすい場所。ダニは湿気のあるところで人間の垢やふけをエサに増殖するため、ダニにとって好環境なのです。その増殖を防ぐ対策としては、定期的に布団を日干しすること。日干しをすることで布団内の湿気を取り除き、ダニの繁殖を抑えることができます。取り込む際は、掃除機で丁寧にダニを吸い取り、除去するようにしましょう。

アトピーのかゆみを抑えるのであれば質の高い睡眠を

かゆみを抑える方法は、実にさまざまなものがあります。

しかし「あらゆる方法を試しても、眠ろうとした途端にかゆみで寝付けない…」。そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

それはいまあなたが試している方法が、一時的なかゆみを抑えるものにすぎないからかもしれません。

かゆみを根本から改善するためには、かゆみで眠れなかったり、眠りながら無意識にかきむしってしまっているという「アトピー悪化の悪循環」を止める必要があります。

ここで紹介したかゆみを一時的に抑える方法は積極的に取り入れつつ、しっかりと質の高い睡眠を取り、免疫バランスを整える。

アトピー悪化の原因となる悪循環サイクルを断つことを、ぜひ同時に実践していき、効果的にアトピーを改善させましょう。

あなたに合うアトピー改善成分は?
アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには
アトピーのかゆみで眠れない自分とさようならしたい