ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

6処方された薬を塗る・飲む

処方された薬を塗る・飲む (イメージ)

アトピーの症状が重い人は、皮膚科等で処方されるアトピー性皮膚炎の治療薬を使って、かゆみや炎症を抑えることができます。アトピーの治療薬は、塗り薬と飲み薬があり症状に適した薬を使用していきます。

薬はあくまで対症療法でアトピーそのものを治す働きはありませんが、症状の悪化を食い止めることができるのです。

アトピー性皮膚炎治療の考え方

症状の程度によって軽微、軽症、中等症、重症の4つに分けられるため、アトピーの改善策や治療方法はそれぞれの段階で大きく変わります。

症状が改善したら1番軽い段階の治療に変更し、症状が悪化したら強い薬を使っていきます。最終的には、日常生活に支障が無いレベルにまで安定させることが目標です。

塗り薬は、いわゆる「ステロイド剤」が一般的で、症状が重い時は強いステロイド剤で炎症をしっかりと抑えていきます。一方、「抗ヒスタミン薬」「抗アレルギー薬」と呼ばれる飲み薬は、かゆみの症状があらわれた時にかゆみ止めとして内服するのが一般的。

かなり重度のアトピー性皮膚炎になり、塗り薬で効果がなくなると、ステロイドの飲み薬や免疫抑制薬の飲み薬(16歳以上のみ使用可能)を使うことになります。

アトピー治療の特徴

  • ステロイド剤(塗り薬)について

    ステロイドはアトピー性皮膚炎の代表的な治療薬で、世界的に共通する治療法です。

    日本ではステロイド=副作用が心配というネガティブなイメージを持つ方も少なくありませんが、炎症を鎮める、免疫バランスを整える働きがあり、効果の高さも立証されています。

    ステロイド剤は、炎症を抑える強さから5段階に分けられ、症状が重い人ほど強い薬を使います。

  • ステロイド剤を塗る時の注意点

    決められた量を守って塗る
    副作用を心配して勝手に塗る量を少なくしたり、使用期間を短くすると、かえって症状が長引いたり悪化したりする恐れがあります。自己判断で薬を中断するのはやめましょう。
  • ステロイド薬の副作用

    飲み薬と違い副作用のリスクは最小限
    飲み薬とは違い、塗った場所だけに作用するので副作用についてはそれほど神経質になる必要はありません。ただし、長期間使用すると皮膚が薄くなったり、血管が網の目状に見えたり、皮膚に変化が現れる可能性もあります。
  • 抗ヒスタミン薬について

    抗ヒスタミン薬はかゆみ止めとして処方される飲み薬です。薬を使うことでかゆみの原因となるヒスタミンを抑制し、かゆみを和らげてくれます。

    即効性があるので、かゆみが我慢できない時はスポットで飲むのがおすすめです。また、アトピーの予防的な観点から抗ヒスタミン薬を使う場合もあります。

  • 抗ヒスタミン薬を飲む時の注意点

    すべての人が効くわけではない
    抗ヒスタミン剤はアトピー治療で使われるポピュラーな薬ですが、すべての人に効くわけではありません。例えば、乾燥とストレスが絡み合ったようなかゆみにはあまり効果は期待できないと言われています。乾燥とは外部からの刺激なので、内部で分泌されたヒスタミンを介していないことが理由として挙げられます。
  • 抗ヒスタミン薬の副作用

    重大な副作用が起こる心配はない
    抗ヒスタミン薬は、ステロイド剤に比べると副作用のリスクは低いと言われています。副作用を挙げるならば、眠気に襲われる、体にだるさを感じるなどです。ほかにも、倦怠感、吐き気、めまい、頭痛などがあると言われていますが、副作用は薬の成分によっても異なります。使う前に、医師や薬剤師にアドバイスをもらっておくと安心ですね。

ステロイドの匂いを抑えるには

ステロイドには独特の匂いがあるため、お出かけのときに気になる方も多いのではないでしょうか?アトピーの症状が重い場合、匂いが気になるからと言って使用をやめられるわけではないので、匂いを抑える工夫が必要となります。

症状にもよりますが、ステロイドを塗るタイミングは、朝・夜の1日2回程度。お出かけ前の朝は薄く塗ると、匂いがあまり気にならなくなります。夜はお風呂上がりに適量を塗るようにしましょう。毛穴が開いているお風呂上がりは薬の吸収率が良いので効果を高められますし、朝になればステロイドの匂いも落ち着くはずです。
ただし、症状の重さによっては朝もしっかり塗る必要があるため、必ず医師に相談した上で塗る量を調整してください。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法