ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

8アトピー治療に市販薬を使用する

アトピー治療に市販薬を使用する(イメージ)

「アトピーの症状を抑えたい」「でもなかなか皮膚科を受診する時間を作ることができない」という方は、市販薬で症状を抑えましょう。市販の治療薬は、飲み薬と塗り薬の2種類。どちらも効果や副作用が異なります。手軽に購入できる分、処方薬と違い、数ある中から自己責任で選ばなければならないので、十分に注意しましょう。

市販薬が与えるアトピーへの効果

アトピーは主に乾燥やアレルギー、ストレスなどが原因で起こります。主な症状は、皮膚の炎症による湿疹。かゆみが伴いなかなか治りません。市販薬は、かゆみの症状を抑え緩和させる効果が期待できます。発症した原因によって使用すべき薬は異なるため、自分の症状にあったものを選択してください。

湿疹によるかゆみや痛みに悩んでいる場合は塗り薬、内側から症状を改善したい場合には飲み薬が使用されます。成分によっては副作用があるので、服薬する前に調べておくことをお忘れなく。

また、市販薬はあくまで「症状の緩和や改善効果」に過ぎません。完治させるには、日々の生活習慣を見直す必要があります。もし症状の改善が見られない場合には、必ず医療機関を受診してください。

アトピーに効果的な市販薬の成分とその効果

アトピーに効果的な市販薬には、大体次の2つの成分が含まれています。皮膚の炎症やかぶれに効果的な「ステロイド」と、かゆみを抑える成分「抗ヒスタミン剤」です。これらはアトピーに効果的な反面、副作用があります。

ステロイドは、人によって摂取すべき量が異なり、余分に摂取してしまうと皮膚が薄くなるほか、人によっては症状が悪化する場合もあります。

抗ヒスタミン剤の副作用は、激しい眠気や口内の乾燥、ふらつき、下痢など。最近の抗ヒスタミン剤(第2世代と言う)は、眠気の副作用が軽減しているようです。効果が得られるかどうかは、使用してみるまで分かりません。3~4日使用してみて効果がない、もしくは悪化したという人は服薬を止めましょう。

  • アレグラFX

    第2世代抗ヒスタミンを配合した内服薬。アレルギー症状の緩和をはじめ、繰り返す湿疹による炎症や化膿も防ぎます。配合内容は、アレルギー症状の治療に使用されるフェキソフェナジン塩酸塩錠60mgとほぼ同様です。

  • ソンバーユ

    馬油です。外服薬として患部に塗って使用します。アトピー以外にも様々な皮膚トラブルに効果が高いとの声が高いです。保湿力に優れているほか、殺菌作用や炎症を抑制する効果があると見られています。

  • ユースキンI

    クリーム状の外服薬です。クロタミトンを配合されており、かゆみを抑制する効果が期待できます。内容量の多さと、抗菌成分も含まれているため直接塗れる使いやすさが人気のポイント。患部に塗ってもしみないと評判です。

  • テラ・コートリル軟膏a

    湿疹による炎症を抑える外服薬。ヒドロコルチゾン(ステロイド)を配合しています。病院で処方されているテラ・コートリルと同じ成分で安心安全。抗菌成分も含まれており、菌が入り化膿した患部にも有効です。

  • オイラックスPZ軟膏/クリーム

    かゆみや炎症を抑える効果のある外服薬です。主な配合成分は6つ。プレドニゾロン、吉草酸、エステル、酢酸、エステル、ステロイドです。乾燥した湿疹にはクリーム、化膿している部分には軟膏と、炎症の具合により使い分けやすいところが◎。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法