ひどいアトピーのかゆみを抑える方法

14無添加石鹸だったらどれでもOK?

無添加せっけんだったらどれでもOK(イメージ)

アトピーの肌は、清潔を保たなければ症状が悪化します。しかしながら、清潔を保つためのボディソープや石鹸が原因でアトピーが悪化することもあります。 そこで、多くの人は刺激の少ない無添加石鹸を選択肢に入れますが、その無添加石鹸にも、どうやらデメリットがあるようです。 アトピーの人はどんな石鹸を選べば良いのでしょう。具体的に解説します。

無添加石鹸とアトピーの関係

無添加石鹸は、アトピーの肌にとって良い面もあり、悪い面もあります。 アトピーの肌には、化学成分からの刺激が大敵です。だからこそ無添加石鹼を使用しましょう、という論調が多いのですが、これは半分正解で半分誤りです。 無添加石鹸の作りは実に単純で、香料など不要な成分をほとんど含んでいません。そのため、化学成分によるアレルギー反応がほとんどないため、アトピー肌には良いと言えるでしょう。

ただし、石鹸は強力な洗浄力を持ちます。無添加であっても、それは同じです。その強力な洗浄力でもって、皮膚の保湿に必要なセラミドや天然保湿因子なども洗い流してしまうため、洗浄後の皮膚は乾燥してします。乾燥はアトピーの大敵。したがって、一概に「アトピーには無添加石鹸が良い」とは言えないのです。

アトピーの人の石鹸の選び方

皮膚の清潔を保たなければアトピーは悪化します。しかしながら市販されている一般的なボディソープなどを選ぶと、化学成分の刺激が強すぎてアトピーが悪化します。無添加石鹸にも上記のとおりのリスクがあります。 八方塞がりのような格好ですが、そんな中でも、アトピーに適した石鹸はあります。成分と製造過程に注目しましょう。

まず、石鹸の素材(油脂)にオレイン酸を使っているものを選びます。油脂成分の中では、オレイン酸がもっとも低刺激だからです。油脂成分の中でも、もっともオレイン酸が多く含まれているのがオリーブ油です。成分表に「オリーブ油」と表示されてあるかどうかを確認しましょう。 また、大量生産ではなく手作りの石鹸を選ぶことも重要です。手作りの石鹸は、製造過程で保湿成分を配合することができます。大量生産では、それができないからです。 「オリーブ油を含む手作り石鹸」がアトピーの人には理想です。

あなたに合うアトピー改善成分は?

アトピーのかゆみ悪循環を断ち切るためには

深い睡眠をとる方法